化粧品輸入なら化粧品輸入代行業者を活用【実績とサポート力がある】

煩雑な手続きを省く

説明

全てを任せられる

化粧品業界では毎年新しいヒット商品が出ています。今は特にインスタグラムやSNSなど口コミで流行る化粧品が増えており、国内メーカーだけではなく海外で生産されているものも人気です。海外で販売されている化粧品は日本では手に入りにくい為、輸入して販売すれば確実に売り上げをあげることができます。しかしここでネックになるのが、輸入手続きが煩雑なことです。薬事法に基づいて行政に届け出をする必要がある他、輸入したい化粧品の成分分析も行わなくてはいけません。手続きの他にも海外の仕入れ先との交渉や検品なども行う必要があります。薬事法に詳しく、語学に堪能なスタッフがいないとスムーズに輸入業務を行うのは難しくなります。しかし化粧品輸入代行業者を利用すれば、難しい手続きや交渉事をしなくても簡単に化粧品を輸入して販売できます。それは化粧品輸入代行業者は成分分析から各種届出、日本語でのラベル印刷と添付、検品や日本国内での保管などを全て代わりにやってくれるからです。輸入するために必要な資格を取得したり、新しく語学堪能なスタッフを雇い入れる必要はなくなります。またラベル印刷を業者に依頼したり、自分達で検品業務などを行わなくてもすみます。どのくらいの数量を輸入したいか化粧品輸入代行業者に相談すれば、費用の見積もりを出してもらえるのでまずは相談してみると良いでしょう。化粧品輸入代行業者の中には、輸入した後でも消費者からの問い合わせやクレームなどにも対応してくれるところがあります。

Copyright© 2018 化粧品輸入なら化粧品輸入代行業者を活用【実績とサポート力がある】 All Rights Reserved.